読書

読書の情報ページです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
能力が低く、早く読まない速読法。

目次を見て全体を観察し、
全体の1割から3割、本を読め。
一冊の本を全部覚える事など不可能。
まず、帯や目次、前書き、あとがき、全体を読んで
気になったところを覚える、覚えられなかったら大して意味はないと切り捨てる。



勉強する上で、本が一番いい、効率よく勉強するには資格を取りながら勉強するのがいい、
良くできた資格試験というのは、効率よく勉強できるよう導いてくれるようにできているからだ。
(竹中平蔵のマトリスク勉強法より)

この資格試験の活用方法は目から鱗でした、人生のステップアップとして活用し、給料が上がり、スキルが上がる物として勉強する物だと考えていましたから。

下記は本が紹介されていた物の覚え書き。



ネットに時間を使いすぎると人生が破壊される。人生を根底から豊かで納得のいくものにしてくれる25冊を紹介 - 分裂勘違い君劇場
http://d.hatena.ne.jp/fromdusktildawn/20081118/p1

哲学というのは、
徹底的に容赦のない思考です。

あらゆることに対して容赦がないのです。

自分に対しても、
他人に対しても、
悪に対しても、
善に対しても、
強者に対しても、
弱者に対しても、
希望に対しても、
絶望に対しても、
幸福に対しても、
不幸に対しても、
人間の最高価値に対してすら、
容赦なく徹底的に分析・追求するのです。

哲学自身ですら、
その追究の対象から逃れる特権的地位にはいられないほど容赦がない思考なのです。

哲学とは、
道徳的とか、
謙虚とか、
役に立つかとか、
そういう一切の制約の外側で、
ゼロリセットで思考することです。

倫理にも実用性にもしばられず、
一切のタブーを設けず、
「ほんとうのところはどうなのか?

を徹底的に突き詰めるのが、
哲学的思考なのです。

哲学者は、
人間の倫理や常識を超越して思考するから、
哲学者なのです。




第三の心理学

第1の心理学,精神病の人を研究する心理学と、
第2の心理学,客観的データを統計処理して平均的な人間の行動の法則性を解き明かそうとする、行動科学的な心理学
第3の心理学,最高に健康な精神の研究



人間性の心理学―モチベーションとパーソナリティ

* 作者: A.H.マズロー, 小口忠彦
* 出版社/メーカー: 産業能率大学出版部
* 発売日: 1987/03

道徳の系譜 (岩波文庫)
* 作者: ニーチェ, Friedrich Nietzsche, 木場深定
* 出版社/メーカー: 岩波書店
* 発売日: 1964/10
* メディア: 文庫

ツァラトゥストラ (中公文庫)
* 作者: ニーチェ, 手塚富雄
* 出版社/メーカー: 中央公論新社
* 発売日: 1973/06
* メディア: 文庫

ニーチェへの入門は「道徳の系譜」か「善悪の彼岸」が適当だろう。
「ツァラトゥストラはかく語りき」の注釈書として書かれたのが「善悪の彼岸」、さらに「善悪の彼岸」の補遺および解説として書かれたのが「道徳の系譜」、という流れとなっている。

トフラー、ドラッカー、マズロー、デール・カーネギー、ニーチェを自分の血肉になるまで咀嚼した後なら、
そのことが理屈抜きに分かるようになると思います。

まずはマンキューの教科書を血肉になるまで咀嚼し、クルーグマンの一般向け書籍、
トフラー、ドラッカー、ニーチェを読みまくった方が、はるかに良いと思います。

そのあと、日本経済について知るための、さまざまな日本の経済学者の書いた本を読んで、
日本経済についての見識を深めていくのが良いと思います。
あらゆる権力を徹底的に批判し尽くしたニーチェを精読・咀嚼せずにに格差を語れば、
話が表層的になってしまうのも不思議はありません。

ネクスト・ソサエティ ― 歴史が見たことのない未来がはじまる
* 作者: P・F・ドラッカー, 上田惇生
* 出版社/メーカー: ダイヤモンド社
* 発売日: 2002/05/24
* メディア: 単行本

グローバル経済を動かす愚かな人々
* 作者: ポールクルーグマン, Paul Krugman, 三上義一
* 出版社/メーカー: 早川書房
* 発売日: 1999/01
* メディア: 単行本

マンキュー経済学〈1〉ミクロ編
* 作者: N.グレゴリーマンキュー, N.Gregory Mankiw, 足立英之, 小川英治, 石川城太, 地主敏樹
* 出版社/メーカー: 東洋経済新報社
* 発売日: 2005/09
* メディア: 単行本

マンキュー経済学〈2〉マクロ編
* 作者: N.グレゴリーマンキュー, N.Gregory Mankiw, 足立英之, 小川英治, 中馬宏之, 石川城太, 地主敏樹
* 出版社/メーカー: 東洋経済新報社
* 発売日: 2005/09
* メディア: 単行本

トフラーやクルーグマンが行う経済学批判が極めて本質的なものである

富の未来 上巻
* 作者: A.トフラー, H.トフラー, 山岡洋一
* 出版社/メーカー: 講談社
* 発売日: 2006/06/08
* メディア: 単行本

富の未来 下巻
* 作者: A.トフラー, H.トフラー, 山岡洋一
* 出版社/メーカー: 講談社
* 発売日: 2006/06/08
* メディア: 単行本

小飼弾氏の本の読み方は、単に本を精読・咀嚼しない、というだけでなく、
自分を破壊しない、出血しない読み方なのではないかと想像します。

ニーチェ入門 (ちくま新書)
* 作者: 竹田青嗣
* 出版社/メーカー: 筑摩書房
* 発売日: 1994/09
* メディア: 新書

これがニーチェだ (講談社現代新書)
* 作者: 永井均
* 出版社/メーカー: 講談社
* 発売日: 1998/05
* メディア: 新書

よその子―見放された子どもたちの物語 (トリイ・ヘイデン文庫)
* 作者: トリイヘイデン, Torey L. Hayden, 入江真佐子
* 出版社/メーカー: 早川書房
* 発売日: 2004/10
* メディア: 単行本

<トリイ・へイデン文庫>シーラという子--虐待されたある少女の物語 (ハヤカワ文庫 HB)
* 作者: トリイ・ヘイデン, 入江真佐子
* 出版社/メーカー: 早川書房
* 発売日: 2004/06/10
* メディア: 新書

どん底の人びと―ロンドン1902 (岩波文庫)
* 作者: ジャックロンドン, 行方昭夫
* 出版社/メーカー: 岩波書店
* 発売日: 1995/10
* メディア: 文庫

今回の株価下落に刺激されて過去の歴史を学んでみようと思い、1929年のブラックマンデーの時代を勉強してみることにします。


きっかけはこのサイトから
ガルブレイス「大暴落 1929」、を読了|紺ガエルとの生活 ブログ版日々雑感 最後の空冷ポルシェとともに
http://ameblo.jp/993c4s/entry-10156000263.html

初心者が理解するのに便利なやる夫シリーズ
あんそく やる夫で学ぶ世界恐慌・1929
http://ansokuwww.blog50.fc2.com/blog-entry-342.html



村井章子さんの本が読みやすい様なので見つけてきました。



みどりのマキバオー
はじめは鈴木先生と同じく食わず嫌いで読んでいなかったのですが、
ジャンプ黄金期の底力という物をがつんと味わいました。
ものすごくすごいすごい漫画でした。

マキバオー対カスケードの死闘に興奮しまくりでした。
とにかくすごい漫画で、有馬記念のレース中の言葉一つ一つが心を殴りつけてきました。
もう泣きっぱなしです
何故連載中に読まなかったのだろうと後悔しまくりです。

自分はきれいな絵の漫画から入ることが多いのですが、
(絵が汚い漫画は無視してきた。)
この漫画はこの自分ルールに後悔した一冊です。




鈴木先生、

もうね、最初はすぐに投げだしました、
最初の第一話がアレではね、
何か奇抜な言葉を持ってきて注意を引きたいのか?
美大を中退して、まだ修行中の漫画家、
売れっ子になった漫画家の初期作品集のような作品、
と思ってしまいました、第一印象は。

自分の漫画遍歴に作者ごとにランクをつけるのならば、
即、下から数えた方が早い位置にこの人をおきました。

今回ここで紹介するぐらいですから、
このランク付けはすぐに、今までに例を見ないほどの急上昇を果たすわけですけど、

再びまた手に取ったのが大きいですね、
俗物で申し訳ないですけど、賞を受賞したというのがまた手に取った理由です。
その賞がなければ、この作品をもう一度手に取ったかどうか、
もしかしたら、このまま永遠にサヨウナラだった可能性が高い、そんな作品でした。



ーーー
この作品で一番好きなところは目力(めじから)だ


人気投票問題で
「何か心当たりでもあるのか?」
と問うた次ページの右上にある目だ
本当に小さなコマだが、強く心に何かを残していってくれた、
この心に残った物は何だろうか?
未だこの問いかけに返す言葉は見つからない。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。