円安?(2)

円安?(2)の情報ページです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
実質為替レート
ドル、ユーロ、ポンド、などのレートに対しての、
円の平均と考えていいと思う。

データはここから
PDFファイル形式
金融経済統計月報
金融1/PDFのsk2.pdfをダウンロード
6ページ目
3. 為替相場(2) Foreign Exchange Rates (2)
にある。

もしくは
CSVファイル形式。
金融市況(金利・利回り・外為レート等)
外国為替市場
実効為替レート(名目・実質)で CSV, (10KB)をダウンロード。


実質為替レート

1985年9月はレートは216円だった(=プラザ合意時、指数は94.8)
2000年1月はレートは106.9円(指数は143.8)
2008年3月はレートは96円(指数は約100)

今(2008年3月のレートを実質為替レートで見てみると
=10年前では120円以上の価値を持つ


為替30年分のグラフ
為替30年


為替10年分のグラフ
為替10年


為替10年分のグラフを見てみると。
(このグラフは下が円安、上が円高)

2000年は実質為替レートは約143.8(指数)
2008年は実質為替レートは約100(指数)
つまり100/143.8=69.5%の円安になっている。

この円安の振れが崩壊し、現在円高へと現在推移している。(グラフが上昇を開始している)
これがミスター円の言うところの円安バブルの崩壊だ。
(この円安バブル崩壊はまだ始まったばかり)

2000年と同じくらいの円は実際には
今の為替レートが70円ほどにならなければならない。

しかし、円高で90円、80円になってもトヨタなどは戦える。
ミスター円さん(榊原英資)は言っていました。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。