「窓使いの憂鬱」

「窓使いの憂鬱」の情報ページです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
窓使いの憂鬱
http://mayu.sourceforge.net/


インストールされているホームディレクトリ&設定ファイルが置いてある場所
C:\Program Files\mayu
インストールされているホームディレクトリにこのファイルを置きます。
(zip圧縮されているので解凍してください。)

右下のタスクトレイ(通知領域エリア)
で「窓使いの憂鬱」のアイコンを右クリックして、
「設定」を画面を起動します。
(ホームディレクトリから)をダブルクリック
ファイル名に
C:\Program Files\mayu\kumonopanya.mayu
と設定します。(もしくは自分が作成した設定ファイル名のフルパス)
もしくは、参照からホームディレクトリを選択して、
解凍もしくは自分が作成した設定ファイルを選択してダブルクリックします。








@自分で設定ファイルを作り、設定していく方法を書いておきます。

インストール後に右下の通知エリアで「窓使いの憂鬱」が起動していることを確認します。
「窓使いの憂鬱」のアイコンを右クリックして設定画面を呼び出します。

今使っている設定ファイルを確認します。
右クリック、選択で確認することが出来ます。

@自分用の設定ファイルの作成
自分用の設定ファイル、.mayu ファイルを作ります。
(自分で新しくキー設定をしたい場合は、必ず自分用の設定ファイルを作る必要があります。)

「窓使いの憂鬱」がインストールしてあるフォルダ内に作ってみます。
C:\Program Files\mayu
(自分の設定ファイル名).mayu
拡張子が「.mayu」となっていますが、中身はテキストファイルです。







特定のウィンドウにだけ有効なキー設定を行う。
window キーマップ名 /ウィンドウクラス名/ : 親キーマップ名

キーマップ名 = 自分が識別しやすい適当な名前
ウィンドウクラス名 = タスクトレイメニュー調査(I)...の「ウィンドウの調査」で、調べたウィンドウ名
親キーマップ名 = 「Global」 と固定




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。