P-Study System8の表示設定ファイルをいじる。 pss700-bigmore.lua

P-Study System8の表示設定ファイルをいじる。 pss700-bigmore.luaの情報ページです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
P-Study System8
1600*1200画面モードで使っていると文字フォントが小さく見づらいので、
画面内のパーツ位置を指定している
pss700-bigmore.luaというファイルを直接いじってみた、
ファイルをコピーして
kumonopanya-pss700-bigmore.lua
というファイル名にした。

色々いじった結果、
4択モードと、タイピングモードでは不便を感じなくなった。

なんかまだ文字か隠れているように見えるが、
今のところ学習する分には全く問題がない。

このソフトは、いくつかの設定ファイルを読み込んでいるようだが、
配置と文字の大きさだけが不満だったので、
このファイルだけをいじっただけだが、不便な問題点は修正でき満足している。



自分の学習方法は、
P-Study Systemのサイトからすべての問題集をダウンロードして、
cobuildを取り込むツールを使って問題を取り込む。
中学生レベル、高校生レベル、大学生レベル、cobuildとフォルダ分けしておく。
スマート学習(通常学習を選ぶと常に同じ問題を繰り返してしまう)を選び、
学習モードは4択モードRを選ぶ(4択モードでもいい)
覚えたい問題集を追加できます->「追加ボタン」
を押して、中学生フォルダに入っている問題をすべて選ぶ、
これで覚えるボタンを押して学習スタート、
レベル毎の問題数の数値がLevelAが増えてきたら
高校生フォルダから問題を追加していく。<=予定




以下、色々いじったファイル内容。
(基本的に、パーツの上下の表示位置や、パーツ毎の上下の幅をいじっただけ)
(調整方法は、P-Study Systemを立ち上げ設定したい問題モードで学習を開始して、設定ファイルをエディタで開き、ファイル内の数字を変えたら、P-Study Systemにフォーカスを戻し(現在使っているアプリの状態へ)、ファンクションキーのF5もしくはスキッ再読込ボタンを押しながら調整。)



-------------------------------
-- P-Study System SkinScript --
-- by yiza, Takke --
-------------------------------

-- design-name
DesignName = "v7.0スタイル - kumonopanyaカスタム表示"

-- dialog-size
DlgWidth_n = 1024 -- dialog-width
DlgHeight_n = 1710 -- dialog-height
BackgroundColor = "E2F1FF" -- background-color
--BackgroundImageFile = "back4_all.bmp"


--------
-- 色 --
--------
c_line = PSS.LoadUserVar( '罫線色', 'color', "7070FF" ) --左ペインの罫線色
c_now = PSS.LoadUserVar( '現在のモードの文字色', 'color', "000000" ) --現在のモードの文字色
c_now_b = PSS.LoadUserVar( '現在のモードの背景色', 'color', "FFCD89" ) --現在のモードの背景色
c_gray = PSS.LoadUserVar( '終わったモードの文字色', 'color', "888888" ) --終わったモードor全問正解でやる必要のない再回答の文字色
c_rep = PSS.LoadUserVar( 'これからやるモードの文字色','color', "4A5DE9" ) --やる予定の再回答の文字色
c_head = PSS.LoadUserVar( '項目名の文字色', 'color', "000000" ) --項目名の文字色
c_line_l = PSS.LoadUserVar( '薄い罫線色', 'color', "A6C3FC" ) --薄い罫線
c_line_d = PSS.LoadUserVar( '濃い罫線色', 'color', "000066" ) --濃い罫線
c_pt = PSS.LoadUserVar( '得点の文字色', 'color', "000099" ) --得点表示
c_shade = PSS.LoadUserVar( '文字の影の色', 'color', "AAAAAA" ) --文字の影の色
c_correct = PSS.LoadUserVar( '正解文字列の文字色', 'color', "0000AA" ) --正解文字列&正解文字列枠の色
c_cor_shade = PSS.LoadUserVar( '正解文字列の影の色', 'color', "AAAAFF" ) --正解文字列の影の色
c_q_border = PSS.LoadUserVar( '問題文領域の枠の色', 'color', "A4B3CF" ) --問題領域の枠の色
c_q_bg = PSS.LoadUserVar( '問題文領域の背景色', 'color', "EDF6FF" ) --問題領域の背景色
c_q = PSS.LoadUserVar( '問題文の色', 'color', "000088" ) --問題文字列の色
c_reply = PSS.LoadUserVar( '回答入力領域の色', 'color', "000000" ) --回答入力領域の色
c_ok = "0000FF" --正解の色
c_ng = "FF0000" --不正解の色
c_pr_bdr = "999999" --発音記号領域の罫線色
c_pr_head = "666666" --「発音」文字の色
c_ans = "E2F1FF" --正解表示ボックスの背景色

----------
-- 座標 --
----------

-- ボタン
x_but = 650+200 --[END][OK]ボタン
y_but = 765+150

x_card = 200 --カードモード用ボタン
y_card = 320+90

x_fn = 10+10 --ファンクションキー
y_fn = 800+150 --ファンクションキーの高さ
w_fn = 63+17
h_fn = 20+2



--タイピングモード
--タイピングモード
--タイピングモード
-- 回答入力領域
h_replyedit = 32+6+22
y_rep = 250 --回答ボックスのY座標

-- 正解表示領域,誤回答表示領域,ヒント表示領域
h_edit = 32+6+22
y_ans = 350 --正解表示ボックスのY座標






-- 回答段階表示
x_a_ph = 85 --x
y_a_ph = 20 --y
w_a_ph = 67 --幅
h_a_ph = 20 --1個の高さ

-- 左ペイン
x_l = 15 --共通X座標

y_qn = 100 --問題数・残り問題数
y_cn = 170 --正解数・不正解数
y_ac = 290 --回答情報
y_pt = 352 --得点

y_spd = 393 --入力速度

y_pq = 530 --[前の問題を]ボタン

y_prg = 765+150 --進行状況プログレスバーの高さ
w_prg = 600+200 --進行状況プログレスバーの幅

-- 右側の共通座標
x_r = 170
w_r = 600+220

--タイトル文
y_title = 25
h_title = 20

--回答後メッセージ
y_mes = 55
h_mes = 22

--問題
y_q = 88

-- 問題文領域の高さ
h_q0 = 24+6 --問題文の1行の高さ
if PSS.mode_input or PSS.mode == 'dictation' then -- 入力モードとディクテーションモード
h_q = h_q0*4+10
elseif PSS.mode_select then -- 4択モード
h_q = h_q0*5+10
elseif PSS.mode == 'card' then -- カードモード
h_q = h_q0*10
end

-- 4択の選択肢
-- 選択肢領域
-- 選択肢領域
-- 選択肢領域
y_sel = 270 --最初の選択肢の高さ位置
h_sel = 90+5 --一つずつの選択肢の高さの幅

-- 「何かキーを押してください」の位置
if PSS.mode_select then -- 4択モード
x_anykey, y_anykey = x_r+35, y_sel+h_sel*4+1
else -- 入力モードなど
x_anykey, y_anykey = x_r+60, y_q+h_q +1
end

-- 発音記号
if PSS.mode_select then -- 4択モード
y_prn = 850
else -- 4択モード以外
y_prn = 600
end
x_prn = x_r+50
h_prn = 50 --発音記号の高さ

-- ヒント領域
if PSS.mode_select then
-- 4択の場合
y_hint = 700 --ヒント領域のY座標
h_hint = 50*2 --ヒント領域の高さ
else
-- 4択以外の場合
y_hint = 700 --ヒント領域のY座標
h_hint = 50*3 --ヒント領域の高さ
end


-- カウントダウンバー
if PSS.mode_input then
y_limit = y_rep+h_replyedit+1
elseif PSS.mode_select then
y_limit = 360
else
y_limit = 800 -- ダミー
end

-- アニメーション
x_a = 10 --表示先 x
y_a = 13 --表示先 y
w_a = 70 --1画像の幅
h_a = 70 --1画像の高さ


--------------
-- フォント --
--------------
--parameter) size, fBold, fItalic, fUnderline, fStrikeOut, szFace


-- 「項目名」
PSS.CreateFont( 0, PSS.LoadUserVar( '項目名のフォント', 'font', "17, 1, 0, 0, 0, MS Pゴシック" ) );
-- 「情報表示(中)」
PSS.CreateFont( 1, "15, 0, 0, 0, 0, MS Pゴシック" );
-- 「情報表示(大)」
PSS.CreateFont( 2, "16, 0, 0, 0, 0, MS Pゴシック" );
-- 「問題表示」
PSS.CreateFont( 3, PSS.LoadUserVar( '問題文のフォント', 'font', "20, 1, 0, 0, 0, MS ゴシック" ) );
-- 「正解」
PSS.CreateFont( 4, "22, 1, 0, 0, 0, MS ゴシック" );

-- ◆「Editコントロール」(組み込み)
PSS.CreateFont( 5, PSS.LoadUserVar( '回答入力領域のフォント', 'font', "22, 1, 0, 0, 0, Verdana" ) );
-- ◆「ヒント」(組み込み)
PSS.CreateFont( 6, PSS.LoadUserVar( 'ヒントのフォント', 'font', "15, 1, 0, 0, 0, MS ゴシック" ) );
-- ◆「ショートカット表示領域/ボタン」(ボタンは組み込み)
PSS.CreateFont( 7, "11, 1, 0, 0, 0, MS ゴシック" );

-- 「情報表示(小)」
PSS.CreateFont( 8, "13, 0, 0, 0, 0, MS Pゴシック" );
-- 「数値」
PSS.CreateFont( 9, "16, 1, 0, 0, 0, MS Pゴシック" );
-- 「4択の選択肢」
PSS.CreateFont( 10, PSS.LoadUserVar( '4択の選択肢のフォント', 'font', "20, 0, 0, 0, 0, Verdana" ) );
-- 「カードモードの問題文」
PSS.CreateFont( 11, PSS.LoadUserVar( '問題文のフォント(カードモード)', 'font', "20, 1, 0, 0, 0, MS ゴシック" ) );
-- 「発音記号のフォント」
PSS.CreateFont( 12, PSS.LoadUserVar( '発音記号のフォント', 'font', "20, 0, 0, 0, 0, Lucida Sans Unicode" ) );
-- 「メッセージ部のフォント」
PSS.CreateFont( 13, PSS.LoadUserVar( 'メッセージのフォント', 'font', "18, 1, 0, 0, 0, MS ゴシック" ) );



------------------------------
-- イメージファイル名の定義 --
------------------------------
PSS.LoadImageFile( 0, "pochi.bmp" )

-- 描画関連は共通モジュールファイルにて指定
PSS.DoFile( PSS.GetScriptFolderPath() .. "\\pss700-module.lua" )

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。