引用元は大切だというお話。

引用元は大切だというお話。の情報ページです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スモールワールド・ネットワーク―世界を知るための新科学的思考法 (単行本)
4484041162

著者はアメリカの一線級の学者であるが、
アメリカのアカデミズムの基本作法からすれば引用文献を省いた書物など出版すれば、
学界追放ものである。

書評等を読み、
非常に興味を持って購入したが、
原著にはあったと思われる巻末の引用文献が省かれている。
著者はアメリカの一線級の学者であるが、
アメリカのアカデミズムの基本作法からすれば引用文献を省いた書物など出版すれば、
学界追放ものである。
たとえ翻訳版とはいえ、
引用文献が勝手に省かれたと知ったら原著者も非常に不本意なのではないか。
原著者の名誉のためにも、
直ちに今のものを回収し、
引用文献を付したバージョンを出版することが望まれる。
翻訳者がこの分野の研究者ということで安心して原著ではなく翻訳版を購入したのだが、
経歴を見る限りアメリカで研究作法のトレーニングをたたき込まれたはずのその翻訳者たちが引用文献を省略したことについては、
良識の欠如と研究者としての姿勢に多大なる疑義を抱かざるを得ない。
アカデミズムの研究というものは先人たちの研究の膨大な積み重ねの上に成り立っているのであり、
そういう先人たちの業績に敬意と知的所有権を認める上でも、
また読者の今後の知的探求のためにも、
詳細かつ正確な引用文献を巻末に記すことをアメリカの大学院博士課程などでは徹底的にたたき込まれるはずである。
なにかと知的所有権が軽視されるこの国の翻訳本でさえ、
海外の一線級の学者の書いた書物の引用文献が省かれるのは珍しい。
それをよりによってアメリカで教育を受けたはずの翻訳者たちが率先して行ってしまったことが返す返すも残念であり、
かつ非常に不愉快である。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。