英語の勉強に

英語の勉強にの情報ページです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
英語の勉強に無料でおすすめのサイト・ポッドキャスト - watanabiの日記
http://d.hatena.ne.jp/watanabi/20090118/1232254523



僕みたいに失敗しない為の英語のやり直し方2  -単語編-  - watanabiの日記
http://d.hatena.ne.jp/watanabi/20081224/1230098885

「知らない単語が35パーセントから60パーセントの幅で単語帳を選ぶのがオーソドックスな方法」

基礎が十分でない人は、文法や音読や精読(文を正確に理解する読み)を先にやり、
英語の回路を作りながら出てくる知らない単語を覚えていきましょう。

DUOの復習用CDについていけるかも一つの良い目安

(組み合わせ)要素の意味を知る事で単語を覚えやすくなる上に、
未知の単語に出会った時に推測しやすくなります。

happy⇔unhappyの「un(否定)」

Mini‐Max英単語倍増計画 - はてなキーワード
http://d.hatena.ne.jp/asin/4261072459

ネイティブスピーカーの単語力〈1〉基本動詞 (Native speaker series) - はてなキーワード
http://d.hatena.ne.jp/asin/4327451320

ネイティブスピーカーの前置詞―ネイティブスピーカーの英文法〈2〉 - はてなキーワード
http://d.hatena.ne.jp/asin/4327451150



僕みたいに失敗しない為の英語のやり直し方3  -音読編-  - watanabiの日記
http://d.hatena.ne.jp/watanabi/20081224/1230099015

何でも英語学習は言語中枢を刺激する事が大切で、
今までの読むだけの勉強では、
その中のヴェルニッケ中枢(言語理解領野)しか刺激できず有効でないとか。
もう一つのブローカ中枢(言語動作領野)を実際に英語を発声して刺激する事で、
二つの中枢が相互作用を起こすので効率良く英語回路を作れるらしいです。

YouTube - Apple創始者・スティーヴ・ジョブスの伝説のスピーチ(1)
http://www.youtube.com/watch?v=qQDBaTIjY3s&eurl=http://d.hatena.ne.jp/watanabi/20081224/1230099015&fmt=22

YouTube - Apple創始者・スティーヴ・ジョブスの伝説のスピーチ(2)
http://www.youtube.com/watch?gl=JP&hl=ja&v=ShoOOS2GrWU&fmt=22

YouTube - iPhone を発表するスティーブ・ジョブス(日本語字幕)
http://www.youtube.com/watch?v=L0XeQhSnkHg&eurl=http://d.hatena.ne.jp/watanabi/20081224/1230099015&fmt=22



僕みたいに失敗しない為の英語のやり直し方4 -文法編-  - watanabiの日記
http://d.hatena.ne.jp/watanabi/20090115/1232019912



僕みたいに失敗しない為の英語のやり直し方5 -精読・多読(速読)編- - watanabiの日記
http://d.hatena.ne.jp/watanabi/20090117/1232178632

精読は、中学レベルが身についた、TOEIC400~500くらい

日本語の直訳を書いていくと英語と日本語の特徴の違いがしっかり理解できる上に、
単語がどの単語を修飾しているかなどを曖昧にせずにしっかり理解することが出来ます。

多読の効果は超高いです!!
TOEIC500~600の時に始めましょう。

語彙制限本というものがあます。
語彙制限本とは有名な本を簡単な単語、構文に書き直した本のことで、
使用語彙でランク付けがされています。
最初はレベル2の800語レベルくらいから始めたほうがいいですね。
800語は大体英検3級レベルくらいの語彙だと思います。
それを2、3冊くらい読んだらレベルを3に上げて、レベル3と4を中心に30~40冊くらい読みましょう。
目標は自分が日本語読む半分の速さくらいです!! 

語彙制限本の入手法

ラダーシリーズやペンギンリーダーズは大き目の本屋さんで買えますが、
大学生は図書館に沢山あると思います。
うちの大学には500冊くらいある感じでした。

お勧め

お勧めはチャンドラーのハードボイルドな探偵物です。
あとは、ガリバー旅行記がお勧めですね!小人の国は最初だけで、
空に浮かぶラピュタという国や不老不死がいる国、馬の国などに行きます。
内容は社会風刺で、小人の国では官僚の就職試験が綱渡りで全く意味の無いものだったり、
作者はガリバーを通して社会を批判していますw

英語の練習法 - Ohzawa Lab, Osaka University
http://ohzawa-lab.bpe.es.osaka-u.ac.jp/resources/english-recipe2.html



文法・語法は単なるサンプル・見本であって、必ず従うべき性質のものではない

まずは、「ハートで感じる英文法」あたりを図書館で借りて読んでみてはいかがでしょ?





めがね日記 : 総合英語って何だ!?(英文法参考書レビュー)
http://bbex33312.exblog.jp/8054550/

総合英語
Forest

「総合英語」ってのは、英文法を体系的に説明した参考書のこと

高校生がいきなり『ロイヤル英文法』とか『英文法解説』を読んだりするのはキツイからね。そこで、「総合英語」というジャンルが出てきたのでしょう。

多数の学校に採用されている人気No.1が、桐原書店の『総合英語Forest』

先生が授業できちんと説明することを前提にすれば、『デュアルスコープ』の方が採択される理由も分かる気がします。






スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。