診療報酬をごまかす権利

診療報酬をごまかす権利 の情報ページです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
診療報酬をごまかす権利 - 池田信夫 blog
http://blog.goo.ne.jp/ikedanobuo/e/de99124286e7f70bf7bda8a3c4d1f6b8



なんか、現状はどうだ、高齢のPCを扱えない名医が居る、国の制度がおかしい、ITゼネコンはおかしい。
と、不満ばかりでもうちょっと先の未来予測の話がないですね。

そこで、ちょっと考えてみます。
グーグルなどの世界的ネット企業が現れてくる
PCの能力向上によって日本語の壁が低くなる。
インドなどの人件費の低い国が参入してくる。
と考えます。

グーグルはアンドロイドという携帯用OSでプラットフォームが世界統一を見るかもしれないという
夢の段階を通り超えて現実に向かって今動いています。
これは各携帯ごとにソフトを開発しなくてもよくなります。
この技術のノウハウを独自ネットワークにぶち込みたいと考えると
医療部門のネットワーク世界統一規格が見えてきます。

日本語は独特で、世界のビジネスの現場で使われている英語がほとんど読み書きできません。
これは日本の英語教育がお粗末である上、英語自体の取得が世界各国の言語と比べると
きわめて取得しにくい言語であるというデータがあります。
これはPCの機能が上がることによって、日本語<=>英語の翻訳がよりスムーズになります。
現状の言語学では文法が完全に解明されておらず、PCのパワーによって何百万何千万という文例から
似た翻訳を持ってきて無理やり当てはめている方式をとっています。

日本は正社員の給料が高くて、質の維持と、機密の維持のため大変な金がかかります
ソフト代=人件費と考えてもいいでしょう。
そもそも、ITゼネコンは仕事だけは取ってきては子や孫に丸投げしているという現状があります。
日本語しか話せない書けない人たちばかりの孫請けがコードを書いている以上、
人件費が上がることはあっても下がることはないでしょう。

さらに、現在の不況が後押しとなり、金のなる木が欲しいアメリカとの利害が一致して、
日本の規制の壁を壊すようにとの圧力で年次改革要望書に色々と載せてくるでしょう。

そしたら日本のITゼネコンは消滅して、翻訳プログラムの精度が上がり、
日本のガラパゴス化の壁は低くなり、同一労働、同一賃金なっていくのではないでしょうか?

なんだかんだいってもネットは次世代の覇者はもう動かない現状ですしね、
ネットを倒す(産業革命)ものが現れるとしたら、それはもう人類の宇宙進出ぐらいでしょう。

不満がある、

未来を予測、

日本企業の質を考える。

解決策として
現状とのギャップは?

まとめ

日本は良くも悪くも外圧でしか本当に動けないですからね。

NECや富士通などがMSのウィンドウズによってはじき出されたように。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。