派遣法の成立は正しかったか?

派遣法の成立は正しかったか?の情報ページです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
通常、
生産性の低い会社の給料は低く、
生産性が高い会社の給料は高い
これは当たり前の結論だと思うが、いかがだろうか?

旧来の日本社会は終身雇用制を採用し、(ここ30-40年ほどだけだが)
労働者に安心感と安定感を与えた。
しかしこれが逆に弊害となり、
生産性が低くなった会社となってもその会社にいつまでも縛られ続けた。

そのため正社員は過剰に保護され、中途採用者の扱いは冷遇され続けてきた。
そのため
低効率から高効率の会社へ労働力の移動を促すため派遣法の成立をもくろんだが、
竹中平蔵の改革が労働者側だけの規制をゆるめて、会社側の義務を放置し、
ゆがんだ派遣法の成立となってしまった。

このおかげで、企業は安い日本人労働力を手軽に使えるというこの法律を悪用し、
必要なときだけ雇い、不必要なときは放り出すという方という印籠を振り回して
日本経済の混乱に拍車をかけさせていった。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。