グローバル化という幻想

グローバル化という幻想の情報ページです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
グローバル化とは幻想に過ぎない、
人の上の人をつくらず、人の下に人をつくらずといった福沢諭吉はあくまでそうなればいいという理想を語ったに過ぎない。
グローバル化も同じ事だ、
たとえばいま世界統一政府をつくり地球を一つにまとめた場合、
米国が主導の世界となるだろう、
そのときの神様はキリスト教だ、
今現在の人口で比較すればイスラム教の方が多いのに、
キリスト教系政府の下にイスラム教の自由が認められる国など
原理主義者が認めるわけがない。
もし、統一に成功したとしても多くの血が流れるだろうし、
今現在も自爆テロなどで多くの命が散っている、
目には目を歯には歯をと叫ぶ原理主義者達は
同じ血の量の犠牲を統一政府に求めるだろう。

永久のシーソーゲームだ。
だからグローバル化は幻想なのだ。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。