経済指標≠幸福

経済指標≠幸福の情報ページです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
幸せって何だろう - 池田信夫 blog
http://blog.goo.ne.jp/ikedanobuo/e/688b42c0750735640aa670bad99f4d0c



GDP等の経済指標は最大限の幸福ではなく
最低限の幸福を示す指標だと思います。

人間が生きていく上で必要最低限の経済活動が行われているかどうか。
一人あたりの量で見るべき物ではないでしょうか?

昔、宝くじが当たって生活は豊かになったが、金を巡り殺人事件が起こってしまった事件。

仕事ばかりをして裕福になったはいいが、家族はばらばらになり飯を一人で食べながら、
昔小さな食卓で笑い声が絶えなかった食事をして涙ぐむ等。

これらを見るに、金の量=幸せが成り立たないはずです。
GDPなどの経済指標は衣食住が足りているか?仕事がきちんとあるか?教育を受けれているか?など
ボトムアップしていく幸福度なら指標たり得るのではないでしょうか?


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。