韓国ハイパーインフレ開始なんです。

韓国ハイパーインフレ開始なんです。の情報ページです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

http://stock.moneytoday.co.kr/common/article_print.htm?no=2008111715231170780
(ハングル訳)
韓国銀行、1兆ウォンの国債を単純買入

□韓国銀行は、債券市場の安定とRP売却対象株式の拡充のために
証券単純売買対象機関を相手に、下記のように国債を単純買入することにしました

○買収規模: 1兆ウォン(額面ベース)

○対象株式:
国庫債券(10年) 0550-1709 (有効期限2017.9.10 )
国庫債券(10年) 0500-1609 (有効期限2016.9.10 )
国庫債券(05年) 0525-1303 (有効期限2013.3.10 )
国庫債券(05年) 0525-1209 (有効期限2012.9.10 )
国庫債券(03年) 0575-1012 (有効期限2010.12.10 )

○入札日時:2008年11月19日(水)10:00~10:20



Q
中央銀行が自国債買うってマッチポンプみたいな・・・・
他に例はあるの?

A
一応、韓国では合法だし、日銀もやってた。(小規模に)
だけど自国通貨が下落している時にはあり得ないかと。



http://www.boj.or.jp/oshiete/op/06104001.htm

Q
日本銀行が国債の引受けを行わないのはなぜですか?
A.  日本銀行における国債の引受けは、
財政法第5条(注)によって原則として禁止されています(これを
「国債の市中消化の原則」と言います)。

これは、中央銀行がいったん国債の引受けによって政府への資金供与を始めると、
その国の政府の財政節度を失わせ、
ひいては中央銀行通貨の増発に歯止めが掛らなくなり、
悪性のインフレーションを引き起こすおそれがあるからです。

そうなると、その国の通貨や経済運営そのものに対する国内外からの信頼も失われてしまいます。

これは長い歴史から得られた貴重な経験であり、
わが国だけでなく先進各国で中央銀行による国債引受けが制度的に禁止されているのもこのためです。

ただし、金融調節の結果として保有している国債のうち、
償還期限が到来したものについては、「財政法」
(第5条ただし書き)の規定に基づいて、
国会の議決を経た金額の範囲内に限って、
国による借換えに応じています。



それは日本での法律であって韓国では合法
それにその理論が正しいとは思えないし中央銀行の役割つまり
市中への資金流通の確保という点で考えた場合サイクリング経営といった理論で
末端の私企業ではない頂点の中央銀行が行う分には十分に自己買いでも対応できると言われているよ



国→市場→中央銀行 って流れなら買いオペ

今回は
国→中央銀行
と直接買っています。



まずい、まずいですねー、もちろんハイパーインフレにならない可能性もありますが・・・
歯止めがきかないとジンバブエのようになるかもしれません。
この方程式を使い続けるとお金が無限に刷れちゃいますからねー。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。