中国対日本

中国対日本の情報ページです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日、中国が大規模経済対策を実施すると発表してきました。
北京オリンピックでの経済効果のときも、実質北京以外の地域での恩恵はかなり低かったようですので、今回のこの景気対策も人口や、国土面積を考えると疑問符が付きます。

中国対日本
面積
9,596,960/377,835=25.3998703
人口
1,336,317,000/127,967,000=10.4426688
(それぞれのデータはWikipediaより)

面積は日本の25倍
人口は日本の10倍

これを考えると57兆あったところで日本の規模よりも同じかそれ以下でしかない。
集中投資できるかどうかでしょう、日本みたいにうすく広く(ヘリコプターマネー)ばらまいたら何の効果もないとおもいます。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
■賃金未払いで抗議デモ、11人拘束=中国深セン市-金融危機の実体経済への影響は中国崩壊への一里塚?
こんにちは。中国政府公式の見解では、金融危機は中国になんら影響がないといっています。でも、これ事実ではありません。なぜなら、過去の中国の行動からみても、今回の金融サミットで中国の発言には非常に違和感があります。海外に向けては、中国の発展ぶりを印象づけようと躍起になっている姿が浮き彫りとなりました。日本とは対照的です。今年の5月に湖琴濤国家主席が来日する直前に温家宝首相が「中国経済は未曾有の危機にある」と公言していました。あれから好材料は何もないのに、うって変わって今はこうした発言や報道は全くありません。これは、あの時点では何とかできる可能性があったのですが、今や解決策が見つからず、その事実を隠蔽するように方針が変わったのだと思います。今の中国、崩壊の5年~10年前の旧ソビエト連邦を彷彿とさせます。詳細は是非私のブログをご覧になってください。
http://yutakarlson.blogspot.com/2008/11/11.html
2008/11/19(水) 14:08 | URL | yutakarlson #.BcbyNME[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。