2ch情報

2ch情報の情報ページです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今、韓国がとんでもない状態になっている人はどのくらいいるでしょうか?
自分は全く知りませんでした。
この騒動の原因は直接は10年前かに借りた国債の返済期限が
9月の10日頃に迫っていて、その借金が返済できないのではないか?
と噂が飛び交っているようです。

韓国ではあのサブプライム問題のモーゲージ債を大量に持っていて
お金を確保するために捨て値で大量に売り出したりして資金を確保するとか
韓国国民の財産である年金基金をつぎ込んで
5兆ウォンの損失を出したのに、さらに年金基金から2兆ウォンを突っ込むとか
韓国の経済破綻で日本がスワップ契約で1兆円援助するとか、
IMF(国際通貨基金)が韓国の事務所をたたんで逃げ出したとか
いろいろな噂が飛び交っています。

アメリカがファニーメイとフレディマックに対して公的資金を導入するニュースもありましたが、.
救済するとすると全体で500兆円ものお金が必要になるのに全額公的資金を入れるなど夢のまた夢だろうという話も聞きます。
だから日本のりそなの時のようにこのことがきっかけで経済が持ち直すターニングポイントになるのかはとても怪しい感じです。
福田総理の辞任はこの韓国の経済破綻もきっかけの一つではないかとの噂も流れていますね。
いま世界の経済は全く先が読めない状況に立っています。
韓国が経済崩壊する歴史のを目の当たりにすることになるのでしょうか?


以下2ch情報です。


★情報BOX:韓国ウォン相場に影響を及ぼす可能性のある来週の注目材料

韓国ウォンは過去1週間にわたり、大量の資金が国外に流出する可能性があるとの懸念を背景に
大きく下落した。ウォンは4日終値の時点で、ドルに対し年初来17%下落、アジアで最もパフォーマンスの
悪い通貨の一つとなった。

ウォン相場に影響を及ぼす可能性のある来週1週間の主要行事は以下の通り。
9月8日
韓国統計局が8月の消費者信頼感指数を発表。7月は7年半ぶりの水準に低下。
個人消費が引き続き景気を圧迫するかどうかを示す重要な指標とみられている。

9月9─10日
約19兆ウォン(168億1000万ドル)の国債が償還期限を迎える。このうち3分の1を超える
約67億ドルは外国人投資家が保有。これを背景とした国外への資金流出に対する懸念が
最近のウォン急落の大きな要因となっている。

9月11日
韓国銀行(中央銀行)が金融政策委員会を開催。エコノミストの間では、中銀が不安定な
ウォン相場を支えるため追加利上げを行う可能性があるとの見方が拡大。
中銀は7月、政策金利を25べーシスポイント(bp)引き上げ、7年半ぶり高水準となる5.25%とした。

9月11日
韓国政府が10億ドルの国債発行計画の条件を設定する見通し。韓国による海外での国債発行は
2年ぶりで、外国人投資家の需要を測る重要な判断材料となる。
市場筋はドル建て10年債発行の可能性が高いと指摘。

◆ロイター:2008年 09月 5日 14:33 JST
http://jp.reuters.com/article/worldNews/idJPJAPAN-33611320080905?feedType=RSS&feedName=worldNews


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。