毎日新聞を斬る!

毎日新聞を斬る!の情報ページです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
毎日変態新聞倒産への道 その2(前編) - 新世紀のビッグブラザーへ blog - Yahoo!ブログ

<一部抜粋>
企業を分析する際の原則について、これまで何度か触れてきましたが、覚えていらっしゃるでしょうか。

■ 割合で見る(絶対額では見ない)
■ 過去数年分の流れを見る
■ 同業他社や業界標準と比べる

この三つを確実に実行し、異常値についてブレイクダウンすることで、その企業の問題を洗い出すことができます。

Ⅰ. 収益性
 (1) 売上高対純利益率 177÷148,748 x 100%=0.12%
 (2) 株主資本利益率 177÷7,673 x 100%=2.3%
 (3) 売上高対販管比率 60,011÷148,748 x 100%=40.3%

 ・・・・なんじゃこりゃ? 千四百億を超える売上で、純利益が1億七千万円とはw
 毎日変態新聞社の収益性は、異常に低いです。どのくらい低いかと言えば、この企業に投資するくらいなら「日本国債を買った方がマシ」なレベルです。



これはネット上で騒がれている毎日新聞問題を
企業分析したとき毎日新聞はどのような企業か?という視点で切り込んできます。
企業分析をする基本が勉強できるので今回引用させてもらいました。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。