アナログ放送停波について

アナログ放送停波についての情報ページです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
既得権益を崩そうとする側と守ろうとする側の戦いのようですが、
守ろうとする側の自滅で終わったようですね、
それでも駄々をこねて守りきったようですがw

テレビは無くならないというのが自分の結論です。

今は完全なる不況に突入している。
年収200万以下の層が増えている。
地デジ対応テレビに替える金はない。
政治家の民衆ご機嫌取り政治。
アナログテレビの残り具合。
以上の要素により、
アナログ停止は最低10年は伸びるでしょう。

そして10年ほどアナログとデジタルで綱引きをしている間に、
テレビ局は衰退し、
年次改革要望書に

民法は外資に乗っ取られ
外資がネットでオンデマンド放送を配信始め、
その頃にはネットの広告料がテレビの広告料の数倍出していることでしょう。
ネット環境の整備の進み、
PCの高性能化
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。