速読

速読の情報ページです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
王様の速読術読了

速読は目的を持って下記の4つを行う。
速読で本を読む。
読んだ内容を考える。
考えた内容を書き出す。
書いた内容を発表する。

速読は本の内容を理解するために行うのであり、
ただ文字を目で追っていくだけでは速読とはいえない。

速読で最初にすることは、読む本を見つけること、
読む本を見つけるには、目的は何かきちんと意識して本を探す。

読む本を探したら
目的に関するキーワードをいくつか用意する。
このキーワードとはインターネット検索で入力するキーワードと同じと思って良い、
これから本を速読する際に、自分がそのキーワードを意識しておくと、
本から目的の情報を拾い出しやすくなる。

速読の方法は3段階ある。
まず、1冊の読む時間を30分と決める。
そして、全体読みをおこなう(5分間)。
その本の重要な部分(目次や、太字の部分など)をよむ。
著者が重要と思っていたり、目次など本の構成を教えている部分をみて、本の構成を把握する。

次は写真読み(5分間)、
本の最初から最後まで1ページずつ文字を読まずページ単位で2秒ほど眺めていく。
太文字になっている部分や、写真、グラフ、図などをイメージとして記憶していく。

最後にスキミング(20分間)
用意したキーワードを頭の隅に入れつつ、
キーワードに関連した情報を読んでいく。

速読し終わったら、
自分の身につけるため本の内容を考え自分の言葉にしていく。

自分の言葉にした事を書き出していく。

書き出した内容を発表する。
ブログ、友人、自分で声を出して録音するなど、
5感を利用し、自分の身に染みつくようにする。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。