岳第六巻 石塚真一

岳第六巻 石塚真一の情報ページです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この岳という話はほかにもたくさん傑作があります
登坂中事故を目撃し、そのパーティを助けようとしますが、現場についたときにはもう死亡していました。
遺体を麓におろしたところに、遺族が父親が駆けつけていました。
その父親が、「おまえが救助の責任者か?」と訪ね、
三歩は「はい、そうです。」と答えるのです。
父親は問答無用で三歩を殴ります、
三歩はただ両膝をつき、「もうしわけありませんでした!」と謝るのでした。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。