ニコニコ動画に台詞

ニコニコ動画に台詞の情報ページです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
暇つぶしにニコニコ動画に合わせて台詞を書いていたら
GJとのことばをいただいたので調子に乗って
コメントを書き足していきました、
これはそのテキスト時の記録

(今はエクセルで秒と台詞を分けて管理しています。)

ttp://www.nicovideo.jp/watch/sm1418444
----------------------
日付
再生
コメント


78位
11/9 14:19
23129
2141
11/10 13:05
25621
2330

11/11 15:51
26280
2354

11/12 16:45
26595
2358

11/13 15:09
27173
2389

11/15
4:52
28490
2464

------------------------------------------------------------------------------------------------------

ニコニコ動画用
green shita big
------------------------------------------------------------------------------------------------------

未沙は地球で見つけたプレートを手にとり、
古代言語で記された文字を解読していた。
石版「おぼえていますか・・・。目と目が合った時を・・・」

「・・・遺跡の街で見つけたプレートよ。」
「これを解読してたらあの曲の歌詞みたいだって分かったから」
「あなたに最初に確かめてもらおうと思ったのに・・・!」

「ちょっと待って!違う、違うんだよ!」
「・・・それは、君の、誤解」

(二人の間に飛び出したミンメイ)
「違う、だなんて・・・。誤解だなんて・・・」
「うっ、あっ・・・」
「あんまりだわ・・・あんまりよ!!!」
(その場から逃げるミンメイ)

「早く追いかければいいじゃない!?」
「せっかくまた会えたのよ!」
「遠慮することないわよ!」

「同情なんて・・・、された方がみじめよっ!」
「そんなんじゃない!」
「そんなつもりじゃない・・・!」

「誰もいない地球を2人でさまよい歩いて・・・」
「なんとか無事にマクロスに戻れて・・・」
「街の中でミンメイの歌を聴いた時・・・」
「スクリーンの中の彼女を見た時・・・」
「わかったんだ」
「いつまでも側にいて欲しいのは・・・」
「『君』だって、こと。」
「いまでもそのつもりだ」

「・・・本気なの?」
「いつ死んじまうかも分からないけど、」
「こんな僕で、よければ。」

「どうしたんだろうっ、おかしいね?」
「・・・涙が止まりませんよ。」
「ミサ!」「輝!」


(ブー、ブー、ブー、)警報音
「第1次非常体制」
「フォールド反応多数」


「輝、この歌詞をミンメイさんに・・・」
「今、ミンメイさんに歌を歌わせることができるのは、」
「あなたしかいないわ!」

------------------------------------------------------------------------------------------------------

「はっ・・・輝」
「はぁはぁミンメイ」
「来てくれたのね?私のために来てくれたのね?」

「君にこの歌を、歌ってもらいたい。」
「はっ・・・何よそれ!」
「なんで私があの人の見つけた歌を、」
「歌わなきゃいけないの!?」



「出来る出来ないんじゃない、やるんだ!」



「そんなもの歌ったって、」
「勝てる見込みなんか、ないじゃない!」
「それより一緒にいて、輝。」
「僕らだけの問題じゃない。マクロスに乗ってるみんなのために」
「どうせ死ぬなら私と一緒にいて!」
どうせ死ぬならこのまま一緒にいたい

「そんなの関係ないじゃない!」
「どうして世の中にいるのが、私達二人きりじゃないの?」

「あなたと私以外・・・みんな死んじゃえばいいのに!」

「パシン!」
「アッ!!!」
(ほほを押さえ崩れるミンメイ)

「先輩だって、柿崎だって、みんな・・・死んじまったんだ!」
「やりたい事だっていっぱいあったろうに・・・」

「はっ・・・」

「君はまだ、」
「歌が歌えるじゃないか!」

「・・・ごめんね、輝」
「どうかしてたわ、私。」
「自分から好きで、この道選んだんだもんね。」
「ここで歌わなかったら、死んじゃったお父さんやお母さん浮かばれないわ。」
「ミンメイ・・・」
「・・・私、歌うわ!」
「思いっきり!」
(歌詞を受け取るミンメイ)

------------------------------------------------------------------------------------------------------

(ミンメイの声が、戦場に響き、虚空を流れる。)
(巨人達に未知への恐怖が、そして統率に乱れが生まれた。)

「・・・これは?」
「ミンメイの歌だ!」

「不思議だ・・・この歌、」
「ずっと昔に聴いたような気がする・・・」
「なぜだ???」

「・・・分かりました」
「我々の遺伝子提供者たちのカールチューンが、」
「呼び覚まされているのです」
「なにっ?」
「五十万周期の時を超え・・・」

「我々にも・・・」
「『文化』がよみがえるのか・・・!」


------------------------------------------------------------------------------------------------------
「・・・・・それは初めての、愛の旅立ちでした、I love you so!!」
------------------------------------------------------------------------------------------------------
「ジムゼムイン・バン・アドクラス艦隊よりマクロスへ!」

「これより貴艦を援護する!」

「援護!?」
「えっ!?」

「プロトカルチャーの文化を」
「失うわけにはまいりません!」

「リン・ミンメイの歌を聴く、全ての者に告げる!」
「我らの敵はただ1つ!ゴルグ・ボドルザーを倒し、」
「再び、『文化』を、」
「取り戻すのだ!!!」

「全戦艦、我らに続け!マクロスを護れ!文化を護るのだ!」

------------------------------------------------------------------------------------------------------

「これがリン・ミンメイの歌か・・・!」

「ウォォォォオオオオオオオオオ!」
「プ・ロ・ト・カルチャァァァアアア!!!」
「ウァァァアアア!!!」

「・・・スカルワンよりデルタワンへ、任務完了、これより帰艦します。」
「こちらデルタワン、了解・・・」(そっと涙をぬぐう)

------------------------------------------------------------------------------------------------------
パターン1

「・・・結局なんだったのかしら、あの歌。」
「ただの流行歌よ。」
「流行歌?」
「そう」
「何万年も前に、」
「異星人達の街で流行った、」
「あたりまえのラブ・ソング」
------------------------------------------------------------------------------------------------------
green shita big

パターン2
「いつも、どこかで、いつまでも」
「当たり前のラブソング」

------------------------------------------------------------------------------------------------------

天使の絵の具
昨日
今日
明日

一瞬に・・・・・
永遠に・・・・・

------------------------------------------------------------------------------------------------------

green shita small
「ワン トゥー スリー フォー」
「ワン  トゥー  スリー  フォー」
「ワン    トゥー    スリー    フォー」

green shita
「ワン トゥー スリー フォー」
「ワン  トゥー  スリー  フォー」
「ワン    トゥー    スリー    フォー」

green shita big
「ワン トゥー スリー フォー」
「ワン  トゥー  スリー  フォー」
「ワン    トゥー    スリー    フォー」

「あっ」
「ワン!ツー!!」
(->Goto Next 天使の絵の具)
------------------------------------------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------------------------------------------
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。