2009年11月11日

2009年11月11日の情報ページです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クレジットカード地獄USA - ベイエリア在住町山智浩アメリカ日記
http://d.hatena.ne.jp/TomoMachi/20090510

2000年からアメリカでは収入のない学生や主婦でも簡単にクレジットカードが作れるようになった。

また、収入のある中産階級や、家族や親戚に資産のある者は、簡単に自己破産できない法律ができてしまった。
さらに、クレジットカード会社は支払の遅れた者に対して30パーセント以上の金利を「自動的」に引き上げるようになった。
それは、クレジットカード会社から最も多くの選挙資金を得たブッシュ大統領と、
上下院の多数派を支配する共和党が、銀行やカード会社の求める法案を次々と通したからだった。

アメリカ人は一人平均5枚以上のクレジットカードを持ち、
国民すべてのクレジットカード負債額(住宅ローンや自動車ローンを除くカードのみの負債)は95兆円を超えた。
その額は日本という国家の一般会計予算84兆円を超えている。

もっと恐るべきはアメリカという国自体が日本の百倍という借金地獄に堕ちているという事実だ。
貸主の一番は中国、二番は日本。





日本も洒落にならない状況に巻き込まれている。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。