2009年11月01日

2009年11月01日の情報ページです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大失業 減給危機 - 池田信夫 blog
http://blog.goo.ne.jp/ikedanobuo/e/b35120238e0974ae789d00b49d6d3fc8

給料20%カットしてワークシェアリングして
延命策を図ろうとも、
マスコミがこぞって報道しておもしろおかしく報道しています。
明日の飯より、今日の視聴率という図式を断ち切らない限り
マイナ0スのスパイラルから抜け出せません。

完全なる第三者機関を設立して、
マスコミの営業停止命令を出せるよう
法改正すべきです。

マスコミの首に鈴をつけなければなりません。
これは
報道の自由という問題にぶつかりますが、
どのように対処すればいいか分かりません。

過去の報道記事を調べて
実情とはどれほど外れているのかを調べて
乖離が大きいほど何らかの罰則を与えるべきでしょうか?
報道した結果実情が報道に追いついてしまうかも知れませんから。
なんともいえません・・・

競争が起こらないよう報道にしてみたらどうなるだろうか?
そうしたら視聴率争いなどもなくなるが・・・
しかし、それだと偏向報道が起きた場合、その比較をしづらくなってしまう。

もっと自由にして一般人が参加できるようにしたら・・・
ひどい偏向報道しているところは誰も買わなくなる?
市民参加型だったオーマイニュースなどは失敗してしまっていますが・・・




スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。