2009年10月26日

2009年10月26日の情報ページです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
asは辞書に載っていない。

今手元に4つの英英辞書がある。
1.SCHOLASTIC First Dictionary
2.SCHOLASTIC Children's Dictionary
3.Longman Dictionary of Contemporary English
4.Collins COBUILD Advanced Learner’s English Dictionary

それぞれ、
1.英語圏の幼稚園&小学校低学年用。
2.英語圏の小学校低学年用(8歳以上)。
3.英語圏以外の英語学習者用
4.英語圏以外の英語学習者用
だ。

その中で
asが載っていない辞書がある。
1.×
2.○
3.○
4.○

つまりSCHOLASTIC First Dictionaryには載っていない。

asは英語表現の幅を広げる役に立つが、
最初に集中して覚えるべき言葉ではないようだ。

接続詞や前置詞としてのasの使い方を覚えるよりも、
まず名詞や、基本的な動詞を押さえるべきなのだろう。


参考URL
私は as が嫌いだった…『asの訳し方』(解答編) by mouthbird - 日記 - smart.fm
http://smart.fm/users/mouthbird/journal/2009/4/29/152927-as-as


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。