2009年10月07日

2009年10月07日の情報ページです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このときのドイツは、経済が破綻し、
しかも重い賠償金があったため、
政府は税収がなく、また国債の発行もできない状況に陥ってしまいます。
そこでドイツ政府は、政府手形を発行し、公共事業を行います。
失業をなくし、産業を再生させますが、
しかし支払いが「手形」のため、
当面の資金を必要とする企業や当面の生活費を必要とする労働者の多くが、
市中金融業者に「手形割り」を依頼します。
政府手形の多くが市中金融業者の手元に集まります。
そして政権を盗ったナチスの最初にやったことは、政府手形の破棄です。

伝統的な差別観念や宗教観が、
現実に直面する政治課題を解決するためのテコとして、
あるいは悪政を隠蔽する手段として利用される場合があるということこそ重視すべきでしょう。



大変為になりました、記事元のリンク消失(´-`).。oO(・・・・・・・・・)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。