2009年05月15日

2009年05月15日の情報ページです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
秋月りす
平成の長谷川町子

いまは長谷川町子が嫌いだ、
同じパターンのマンガが(4コマ漫画だから当たり前だけど)
それ以外に読む物が無く、何度も何度も読んでいたからだ。
それ以外に読んでいた漫画とは、
のらくろ、はだしのゲン、手塚治虫、ぐらいだろうか、
上記の作品を何度読み直しただろうか、
もう思い出すのもいやなほど読み直した、
本当はおもしろいから読み直したというのもあるが、
自分は図書館でしか本を読めない人間だったので、
本屋で本を買えないので図書館に通い詰めていた。
上記の作品を繰り返し読んでいたわけだ、
もちろん他にもおもしろくない、または記憶に残らない漫画もあっただろうが、
つまらないので二度と手にはしなかった。

話がそれてしまったが、
この人の書く4コマには華がある、
世の中に4コマの漫画家は星の数ほどいるが、
この人ほど才能にあふれた4コマ漫画家はももせたまみぐらいだろう。
タイトルの付け方も秀逸で、最初にタイトルを読んだときは分からなくても
四コマを読み終わると、タイトルの付け方に深く関心をしてしまう。
自分は数多くの漫画を読んでいるが、
4コマ漫画家でこの人の上に立てる人は
歴史を振り返っても長谷川町子しかいない。
植田まさしのこぼちゃんとか、
いしいひさいちのがんばれタブチくんとかは
全く心に引っかかってこない。はっきり言って嫌い。


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。