2009年04月13日

2009年04月13日の情報ページです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
労働者派遣法を凍結せよ - 池田信夫 blog
http://blog.goo.ne.jp/ikedanobuo/e/1953529ca682013e3e995d47a79cee86

土木屋に登場を願っている人がいるようですが、
柳の下に二匹目の土壌は居ないでしょう。
単純に考えて、東京で道を整備する、ビルを建てるのと、
宮崎で道を整備する、ビルを建てるのを比較、想像してみるといいと想います。

そもそも、ハードを整えたところでソフトがぐだぐだの状態ではどこの国からも投資資金が舞い込んでこないでしょう。

過去の栄光にすがっていくのを止めることなどしませんが、
その前にちょっとよく考えて欲しいものです。

映画が廃れテレビが伸びた昔、
いまテレビが廃れ始めてたというのでこれからは映画に力を入れたところで栄えていくでしょうか?

昔は何百、何千と国が生まれ、滅びていきました、
滅びた国が再興したのは本当にまれな出来事である歴史をよく勉強して欲しいものです。

人間は一人一人はそれほど馬鹿ではありませんが、
集団になると馬鹿になってしまいます。

ネットいじめ
ホリエモン、村上ファンドの追放。
90%近い公務員の人件費。
既得権益を守る人々。

日本が復活するにはそれらをすべて地面にたたきつけられた地獄の常会からしか復活できないのでしょうか?
権利を主張するあまり、その主張が自分の首を絞めていることを感じる力を養って欲しいものです。





既得権益は、その権利を気付き上げて手に入れた人にはその権利を受け取る権利があります。
逆に、その既得権益を譲り受けた人にはその権利を使う権利はないと想います。
この言い回しは頭を混乱させていますが、
要するに
相続財産を100%受け取るのは間違っていると想います。
著作権を子供に渡すこともこれにあたります。

その既得権益を使用していくと、
競争が無くなり、イノベーションが阻害され、人類の発展に多大なブレーキをかける力となっています。


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。