2009年03月05日

2009年03月05日の情報ページです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アーバンの覚え書きが出てきたので記録しておきます。



ちぎっては投げ:アーバンコーポレイション 民事再生手続き申立 - livedoor Blog(ブログ)



ちぎっては投げ:アーバンコーポレイション 民事再生手続き申立 - livedoor Blog(ブログ)




ネットで拾ったアーバンのネタ色々




こんなの今日の夕方出されたら、どうしようも無いよ…

https://www.release.tdnet.info/inbs/140120080813016679.pdf






6月27日に総会やって、無限定適正意見の付いた有価報告書出しておいて、
8月に民事再生じゃ、たまりません。

有価報告書は、金融庁がネチネチ見直すだろう。こういう場合は
粉飾が出てくる可能性が高い。

監査法人の責任は免れんわ






C/F計算書見てたら、営業C/Fは年々悪化している。予兆は十分に
読み取れたはずだが






キャッシュフロー計算書を見るだけでも、かなりの事が判る。
監査法人の部分は、単なる意見だからなあ。
むしろキャッシュフロー計算書のような原始的な部分がまずい
のに疑義が無い場合は、相応の根拠があるか確認必須。






普通にアセットマネージャーズじゃまいか?
http://www.assetmanagers.co.jp/
U = URBAN CORPORATION (アーバンコーポレイション)
S = SURUGA CORPORATION (スルガコーポレーション)
A = ASSET MANAGERS (アセットマネージャーズ)
USAって相当前から言われてるし、社内情報も何もこれは公然の事実だぞw

303 :名無し不動さん:2008/08/13(水) 21:21:15 ID:???
勘違いしている輩が多いが、元々USAは潰れそうな会社として結成された訳じゃなく、
反社会的集団のマネーロンダリング企業としての位置付からスタートしているんだよ。
これマメ知識な。

ちなみにAはア○デじゃなく、ア○ットだ。






http://www.enpitu.ne.jp/usr4/41506/diary.html
これが経緯とか一番まとまっていてわかりやすいわ
新聞記事みても全く実情がわかりません
実態はもう無茶苦茶な詐欺インチキサイダーと
なんでもありの世界なんですな
そういう問題点が新聞記事からは何一つわかりませんよ







江草 乗の言いたい放題
アーバンはなんとBNPパリバを引受先にして300億円のCB(転換社債型新株予約権付社債)の発行を発表したのである。引き受け価格は344円、これは6月26日の終値と同じ価格である。これ以上に株価が上昇すれば、BNPパリバは転換させた株券を売却して利益を得ることができるし、株価が上昇しなかったらそのまま償還期限まで持ち続けて利息を加えた額を受け取ればいいのである。

 もしもその300億円分のCBがすべて株式に転換されたとしたら38%も希薄化してしまうことになる。これは既存の株主にとってはかなりのダメージである。


CB 価格固定型
MSCB 価格変動型






空売りをして火曜日から水曜日に持ち越した場合は、逆日歩は3日分つく






2ch型掲示板(<=専用掲示板で閲覧可)
江草
http://jbbs.livedoor.jp/business/723/





『倒産会社の見分け方』番外編
セザールの財務諸表を見て、最も目立つのが流動比率と当座比率(式は下参照)のアンバランスだ。それぞれ支払い能力の余裕度をみる指標だが、当座比率の方がより厳密に支払い能力をみる。

※『スッキリわかる倒産会社の見分け方』では流動比率、当座比率、棚卸資産回転率など、危ない会社を見る際の17の重要ポイントを倒産事例とともに紹介。実際の財務データなどは体験版四季報CD-ROMに収録。搭載しているスクリーニング機能を駆使すれば、面倒な比率計算もラクラク行える。これを読めば、あなたにも危ない会社が見えてくる。
http://www.toyokeizai.co.jp/mag/special/2003tousan/index.html




「住宅不況」不動産業者の倒産が止まらない - [賢いマンション暮らし]All About






帝国データバンクが今年6月に発表した
「改正・建築基準法関連倒産の動向調査」
によると、
2007年10月~2008年5月までの8カ月間に、
改正建築基準法を原因とした建設会社などの倒産は累計で81件(負債総額1174億7300万円)にのぼったそうです。



スルガコーポレーションは今年3月、
自社所有ビルの地上げを暴力団との関係がある不動産会社に依頼していたことが判明し、
一躍、その名を広めることとなりました。
反社会的勢力との関係が報道され、
銀行からの資金調達や不動産の売却が困難になったことが一因とされています。
改正建築基準法などの悪影響による、いわゆる
「不動産不況」を直接の原因とはしませんが、
負債総額は620億円。
ケタ違いの大型倒産です。







7月度上場倒産ステークス(G1)
 1枠 ○エル
 2枠 ○建ホームズ
 3枠 ○ンドコム
 4枠 ○ョイントコーポレーション
 5枠 アーバンコーポレイション
 6枠 ○ルデプロ
 7枠 ○チモ
 8枠 ○イア建設
 9枠 ○ライヴコミュニティ
10枠 ○ルクリエイト
11枠 ○イクレスト
12枠 ○スグラント
13枠 ○ーズクリエイト
14枠 ○神不動産
15枠 ○カラレーベン
16枠 ゼファー (民事再生により出走取消)






366 名前:名無しさん@九周年[] 投稿日:2008/08/14(木) 15:02:25 ID:f6NRGQrS0
金融庁、東証に電話をかけた印象では
http://messages.yahoo.co.jp/bbs?.mm=FN&action=m&board=1008868&tid=a5a2a1bca5pa5sa53a1bca5dda5la5a4a57a5ga5s&sid=1008868&mid=103411

今回のパリバの件は、パリバ、アーバンともに罪にはならないようだ。
スワップを開示を義務化するための法律は金融庁管轄の金融商品取引法にはない。
東証の有価証券上場規定の401条~418条も独自のルールで法的根拠はなく、上場廃止にするぞと脅すことができるぐらい。
(今回の場合意味がない)つまり卑怯だとか信義則に反するとは誰もが感じるけれど、嘘も方便程度のこと。
個人ではどうしようもない。政治家か優秀な弁護士の仕事ですね。でももうこれを規制する法律は要りません。
電話でCBが払い込まれたか、スワップ取引がないか今後は会社に確認しますよ。ICレコーダ付きで。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。