2009年02月16日

2009年02月16日の情報ページです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「ハドソン川の奇跡」と金融危機|紺ガエルとの生活 ブログ版日々雑感 最後の空冷ポルシェとともに
http://ameblo.jp/993c4s/entry-10197173114.html

今回の100年に一度起こる金融危機の一端が垣間見えます。
私は毎日いろいろなブログを読んでいますが、
さすがに驚きつつ叫んでしまいました。
「えぇ~~~~~~~~~~~~~~~~~~!! 」
30秒ほど
我ながらよく息が続いた物です。

最初読んだ時なぜこんなに儲かるのかわからなかったんですけど
単純に言えば膨大なお金を貸していたんですね。
バブルが続く限り、破綻しない限り、不良債権化にならない限り
借金の返済額と利子が手元に入ってくるわけですよね。

常にいろいろな側面から物事を考える思考法というのを見せていただいた気がします。
ありがとうございました。




「人は意外に合理的」、を読了|紺ガエルとの生活 ブログ版日々雑感 最後の空冷ポルシェとともに
http://ameblo.jp/993c4s/entry-10181488168.html#rule

「人は意外に合理的 新しい経済学で日常生活を読み解く」 、ティム・ハーフォード著、を読了。
原題は、The Logic of Life: Uncovering the New Economics of Everything。
訳者が下手だと、この手の本は(日本語では)面白くないが。
遠藤真美さんなので、安心して楽しめる。
「市場リスク 暴落は必然か」 も、しっかり内容を理解された上での訳だった。
「訳者しばり」で本を読むのも、ありかも。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。