2009年01月06日

2009年01月06日の情報ページです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日本の消費税1%と海外の消費税の1%は全く違う。国は海外も高いから日本も上げようと言って横並びさせようと誘導してくると言う嘘。
(じゃあ日本国憲法9条、戦争の放棄は海外はしていないから放棄するのかと同じ理屈)

日本の消費税5%が低いは嘘。
イギリスは消費税(付加価値税)は17.5%ですが、先日、景気対策のため一年間限定で2.5%下げ15%に落としました、これでも日本の3倍あります。
しかし、イギリスの場合は高級品、贅沢品などにかかってくるのであり、
食料、居住費、交通費、書籍代、新聞費、雑誌代、など生活必需品には消費税はかかりません。

日本の税収全体に占める消費税の割合は21.6%ですが、
イギリスは全税収のうち、消費税の割合は22.5%です。

財政赤字だから消費税を上げると国は言っているがこれも嘘。
1997年、消費税を3%から5%に上げた時に財政赤字は減ったのか?
これを調べてみると、1997年に約30兆円だった財政赤字が、
1998年、1999年とふくらみ続けて年間50兆円になった。
これは、官僚はお金が手元に入ると使ってしまうためだ。

過去、消費税導入時に不況だったのに強引に導入した日本。
安定財源のはずの消費税を増税して景気後退させ
税収を減らし財政を悪化させたというのに
また今回も同じ手法で国民を洗脳させその洗脳に乗っかる国民。
自分たちの既得権益を手放さず、見直さないで
奪えるうちは奪おうと考える政治家や、天下り役人達。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。