2008年09月25日

2008年09月25日の情報ページです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008/09/19日アメリカが5年ぶりの暴騰をした
上海は全株ストップ高、欧州も軒並み記録的な高値を記録した。
なぜか?をニュースから読み解いてみる
それは日米欧の中央銀行がドルで資金供給したからだ
日本もドルで資金供給?
日本は普通円で供給してなかったか?
日本がドルを印刷でもするのか?
と普通に疑問を持つが、
今回は特別に、いったんアメリカからドルを買って
そのドルを資金供給にあてたのだ。
短期資金供給の場合ドルでも提供できるのでこの方法が使える。

供給分ドルを買うのでドル高となり
信用補完され暴騰したという仕組みだ。
これは普段使われることのない裏技だろう。

ほかに、
カルパースが、ゴールドマンサックスとモルガンスタンレーの株を
空売りを規制する公的資金リストに追加すると報道が入った。

ゴールドマンサックス等は、一時半値近くまで暴落していたが下記のニュースにより暴騰、
終値でほぼ下げ幅を0に戻した。
空売り禁止になることで売り浴びせることができなくなり、
これ以上値段が下がるという恐怖が薄れたためだろう。

緊急ニュース
Calpers will no longer lend out shares of Goldman Sachs and Morgan Stanley,
joining a growing list of public funds that are trying to limit short-selling of these two stocks.
(カルパースはゴールドマンサックスとモルガンスタンレーの株の貸し出しを停止します。
これら2社の株の空売りを制限しようとしている公的資金の発達するリストに加わります。)

カルパースについての解説。
Calpers(カルパース)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州の公務員の公的年金基金である。
公的年金の中では世界最大で最もアクティブな機関投資家、
総資産は円換算で26兆円(2007年現在)とも言われている。




続きを読む
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。