2008年09月06日

2008年09月06日の情報ページです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
政教分離、政軍分離はよく聞く言葉だ、
政治に宗教を持ち込んではならない、軍部が政治を動かしてはならない。そこで

政治と経済を分離する
政経分離

こんな言葉を考えてみた、

一見、不可能なように見える・・・が・・・
政治が経済を決めるとどうしても地元利益誘導型が採択されやすい。
経済成長期にはそれでもいいのだろうが、経済停滞期、不況期には百害あって一利なし、
人気者だが経済音痴と
経済精通者と不人気物では、政治では人気者に投票が集まってしまう。
このように日本は政経分離で日本を動かしてきた。
これは橋下知事など弁護士だが素人が選ばれることでも証明されている。

政治家画あまりにも経済を知らないで専門部分は専門家に丸投げして
自分は票を集めることばかり考えている。
専門家の意見を理解できないで、専門家の言うがままに動いてしまい、
御用学者という言葉も生まれた。
経済を決定するシンクタンクをつくりあげ、それを競い合わせることをする。
自分たちが票集めに忙しいなら周りの環境をこのように整えてはどうか?

ここまで書いてため息しか出ない、
日本は負のスパイラルにがっちりとはまっているのは間違いない。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。