2008年07月16日

2008年07月16日の情報ページです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あがってなんぼ 太一よ泣くな!名言集

最初のスタートホールを
18分の1
18分の18
どちらと思ってプレーをするか
プロならば最初に全力を賭けなければならない、
ダボなどたたいてしまっては取り返そうと焦り、
さんざんな結果が待っている。


技の研鑽を積む者にとって
月日は流れない、積み重なるのだ。

1000個のボールをたたくより、
先達のひとつの言葉を知るほうが強くなる。
特にプロたらんとするものはね


いかなる名人芸も技も自分を疑っては失敗する。
スーパーメックス


技は狂う
狂わない技は無いともいえる。

泥棒したことのない人は手を挙げてくださいと言ったらみんな手を挙げるでしょう
だからといって泥棒をしたことがないと言うことを褒め称えるのかね

to be or not to be that is the question
生きるべきか死ぬべきかそれが問題だ
シェークスピア



油断
比叡山を開かれた伝教大師が灯された
ご宝燈の火は千二百二十年たった今でも絶ゆること無く光を放ち続けている。
それは比叡山の坊さん達がご宝燈の油を絶やさずに
七百八十八年の昔から今日まで不断の努力を続けていらっしゃるからだが

これはすごいことだよ、

油を絶やすな
だから油断するなと言う言葉が生まれた。

油を切らしたらダメなのだ。
油断するな、
キレルな
いつも心の油を絶やさず
挑戦自戒の火を燃やし続けろ。



長い戦いの毎日だから
こんな事もあるさと突如襲いきた嵐にも
見事に順応していく強靱なその精神力に
太一は真のプロを見た。

人間の神経ホルモンには
三つの種類の感情ホルモンがあるという
一つはドーパミンと呼ばれる快楽のホルモン
二つ目はアドレナリンで恐怖のホルモン
三つ目はノンアドレナリンという怒りのホルモンである



人は退くことを挑戦とは言わない、
しかし引いてこそ前進があり
引いたことで生まれる余裕がさらなる挑戦を生む
キングアレキサンダー



ラテン語
フェスティナレンテ
ゆうゆうといそげ



星をつかむには山を築くしかない
星に届くほどの高い山を
その山こそが練習量なんだ。

自分を信ずること
自分が勝てると信ずること
自分を信ずることこそが
勝者と敗者を分ける。
ポールラニアン

ゴルフのセカンドショット
セカンド(第二打)でも俺(マスター)を超えられない、
チャレンジャーにマスターが言いはなった。
チャレンジャーは最高の球を打ち
自慢げに振り返ったが、
マスターは180度逆の方向に打ち
さぁ、セカンドショットで
俺のファーストショットを超えてみろとイイはなった。

自分の潜在力を引き出すには
D
デザイアー(欲望)
デタミネーション(決断力)
ディシプリン(自制力)
P
パーシステンス(持久力)
ペイシャンス(忍耐力)
プラクティス(鍛錬)
C
コンフィデンス(自信)
コンポジェア(平静)
コンセントレーション(集中力)


恐怖は勇気の裏返しだって

自信と勝利はどっちが先か
自信がなければ勝てない
といって勝てなければ自信が持てない。

未然
未必
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。